健康を応援。
呼吸器疾患生活習慣病を改善・指導。

新着情報

生活習慣病

高齢化に伴って、高血圧糖尿病高脂血症などの生活習慣病が増えています。
最近はこれらの病気に腹部肥満を加えて、メタボリックシンドロームと呼ばれています。
これらの病態では動脈硬化が進行し、その結果心臓病脳卒中が発症してきます。
当クリニックでは動脈硬化の程度を、CAVI(動脈硬化測定装置)や頚動脈エコーにより評価し、
これらの病気を起こさないように、予防治療を行っています。

そのために薬物治療にとどまらず、医師や看護師、管理栄養士が分担して、栄養指導運動療法などの生活習慣指導を効率よく行っています。

呼吸器疾患

当医院では呼吸器科全般の診療をしています。
咳がとまらない時には様々な病気が考えられます。
「病気を知ろう」の「喘息とまぎらわしい病気」のページをご覧ください。
マスコミでもとりあげられている慢性閉塞性肺疾患COPD(肺気腫、慢性気管支炎)では禁煙指導吸入療法、内服などの薬物治療はもちろん、運動療法などの包括的呼吸リハビリテーションを行います。さらに慢性呼吸不全の患者さんでは、在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法を行っています。

最近増加している気管支喘息では、アレルギーを含む増悪因子や合併症を調べ、患者さんに合った治療法を選択しています。また家庭でもピークフローモニタリングを行って病状を把握し、吸入ステロイド療法などにより、良好なコントロールとなるように治療しています。

当クリニックでは胸部X線検査、喀痰検査、呼吸機能検査、呼吸抵抗検査、睡眠時無呼吸検査を行っています。重症で入院治療や精査が必要な時は、市立札幌病院、北海道医療センターなどと病診連携をしています。