第13回 『高脂血症のタイプ別食事療法』

 高脂血症はコレステロールと中性脂肪の値によっていつくかのタイプに分かれます。食事療法も単に脂肪分を減らすというのではなくタイプに合わせて行うことで、効果を高めることができます。

コレステロール値が高いとき(IIa型)

 総コレステロールの増加、悪玉(LDL)コレステロールの増加がみられるタイプです。このうち家族性高コレステロール血症はアキレス腱の肥厚、皮膚の黄色腫を伴う先天性代謝異常で、若年で虚血性心疾患を起こすことがあります。また高HDL血症は善玉(HDL)コレステロールの増加がみられるタイプです。コレステロール値は高値でも動脈硬化は進展しませんので治療は不要です。
 食事療法では卵類、肉類、レバー、動物性脂肪などコレステロールが多い食物を制限します。一方食物繊維の多い食物、背の青い魚、豆類はコレステロール値を下げますので十分にとりましょう。

中性脂肪値が高いとき(I型)

 腸管から吸収された中性脂肪に富むカイロミクロンというリポ蛋白が増加しているタイプです。過食や脂っこい料理を好み、食事からの脂肪摂取量が多い人にみられるタイプです。
 食事療法では脂肪分の多い肉類など、脂肪の摂取量をへらすことが大切です。一方野菜、海藻、きのこなど食物繊維の多い食物は、腸管からの脂肪の吸収を抑制しますので有効です。

中性脂肪値が高いとき(IV型)

 肝臓で合成された内因性の中性脂肪を多く含む、VLDLというリポ蛋白が増加しているタイプです。善玉(HDL)コレステロールが減少ぎみで、糖質の摂取量が多い人にみられるタイプです。
 食事療法では摂取エネルギーの制限が大切です。特にお菓子や飲み物の糖分過剰摂取に注意しましょう。アルコールは中性脂肪に合成されやすいので、禁酒によって中性脂肪値を下げることができます。
 中性脂肪値が上昇すると急性膵炎を引き起こすことがあります。特に糖尿病の合併とアルコールが急性膵炎発症の危険因子です。速やかに治療する必要があります。

コレステロールと中性脂肪がともに高いとき(IIb型)

 総コレステロールと中性脂肪の両方が増加しているタイプで、糖尿病や肥満の方に多くみられるタイプです。
 食事療法では以上のコレステロールと中性脂肪の両方の治療が必要です。まず摂取エネルギー量を制限し、肥満があれば減量が必要です。このタイプはコレステロールだけが高いタイプよりも動脈硬化の進展が著明です。診断されたら最も積極的に治療をする必要があります。

 高脂血症の治療には食事療法のほかに運動療法、薬物療法があります。これらの治療により、コレステロールや中性脂肪値を低下させれば、虚血性心疾患や脳卒中の発症率を下げることができます。
 健康診断などで自分のタイプを知り、効果的な食事療法を行いましょう。

一覧へ戻る