第8回 『老化防止のために摂りたい食物』

 ひとは血管から老いるといいます。これは動脈硬化が増悪し、血液の流れが悪くなると、全身の臓器の機能が低下し、老化が進行するということです。血液には各臓器、器官に酸素や栄養素を運び、その機能を保つ働きや修復する作用があります。健康でいるためには、きれいな血液が体のすみずみまで行き渡っていることが大切です。
 血液がうまく流れている状態を「サラサラ」、血液中にコレステロール、中性脂肪、糖が増えた状態は「ドロドロ」といわれます。これは血液の流れが悪く、血管が詰まりやすい状態です。血液を「サラサラ」に保つことは、全身の老化を予防することにつながります。そのためには日頃から食事、運動や日常生活への注意が必要です。老化防止のために摂りたい食物には次のようなものがあります。

1.総コレステロール値を下げる働きのある食物

 さば、さんまなど背の青い魚にはエイコサペンタエン酸が含まれているため、コレステロール値を下げます。ナッツ類やオリーブ油などの植物油にはオレイン酸が含まれているため、コレステロール値を下げます。貝類やたこ、いかにはタウリンがふくまれているため、コレステロール値を下げ、血圧を正常に保つ作用があります。

2.腸管からの脂肪分の吸収を抑制する働きのある食物

 野菜、海藻、きのこ、切干大根、コンニャク等、食物繊維を多く含む食物をとると、腸管からの脂肪分の吸収を抑制するため、高脂血症を予防します。

3.コレステロールの酸化を防ぐ働きのある食物

 ウナギ、ニンジン、ピーマン等ビタミンAを含む食物、キャベツ、ブロッコリーなどβ-カロテンを含む食物、かぼちゃ、アーモンド等ビタミンEを含む食物にはコレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。コレステロールの酸化を防ぐことは、動脈硬化の予防に大切です。この作用は赤ワイン、緑茶、ゴマにも認められます。

4.コレステロールの血管沈着を抑制、中性脂肪値を下げる働きのある食物

 大豆、豆腐などの植物たんぱく質食品、オレンジなどの柑橘類、酢、そばにはコレステロールの血管沈着を抑制、中性脂肪値を下げる働きがあります。

5.血栓を溶かす働きのある食物

 ニンニク、タマネギ、グレープフルーツ、メロンには血栓を溶かす働きがあるため、血管の詰まりを取り血液の流れを改善します。

 40歳を超えると動脈硬化が増悪する人が増えてきます。今回紹介した食物を毎日食べているかどうかチェックしてみましょう。また健康診断などで異常を指摘されている人は、詳細について管理栄養士のアドバイスをうけるなどして、食事療法を開始すると良いでしょう。毎日の食事の中にこれらの食物を積極的に取り入れ、食生活をバラエテイ豊かにすることで、老化を予防し体を若返らせましょう。

一覧へ戻る