第29回 『尿酸値が高い、痛風』

 痛風はかつて「ぜいたく病」とか「帝王病」とよばれ、日本人には少ない病気でした。しかし、食生活の欧米化やアルコール摂取などに伴って増加し、現在ではだれもがかかる、よくある病気になりました。

関節症状

 痛風の特徴は関節の激しい痛みと腫れです。症状は突然出現し、多くは足の親指にみられます。痛みのため、歩くことも靴を履くことも困難になります。
 痛風の原因は尿酸で、これは古い細胞の残骸です。体内で作られる尿酸が多過ぎたり、尿に排泄される量が少ないと血液中の尿酸が増えて、高尿酸血症となります。この状態が続くと、尿酸は関節に結晶としてたまります。これが異物として認識され、激しい炎症反応が起こります。これが痛風発作です。

リスクファクター

 痛風は生活習慣病のひとつです。危険因子がないかどうかチェックしてみましょう。

  1)男性(痛風患者の98%は男性です。)
  2)肥満(体重増加は尿酸値を高めます。)
  3)アルコール(アルコールは尿酸産生を増やします。
    特にビールは尿酸のもとになるプリン体を多く含むため、尿酸値が上昇します。)
  4)中性脂肪が高い
  5)食べ過ぎる
  6)ストレス

 あてはまる点が3つ以上ある方は要注意です。健診などで検査を受けましょう。

関節外症状、合併症

 関節炎のほかに、手足や耳たぶに硬い痛風結節ができたり、尿路結石などの症状が出現します。特に怖いのは腎臓の障害です。尿酸が腎臓に沈着して腎機能が低下します。重症の場合人工透析などが必要になることもあります。
 痛風患者ではこのほかに、糖尿病、高血圧、高脂血症を併発しやすいことが知られています。これらの合併症は脳卒中や心筋梗塞の原因となり、生命に危険を及ぼすことがあります。痛風で本当に恐ろしいのはこれらの合併症です。痛風の治療では痛風発作の治療に止まらず、合併症の予防が大切です。

治療

 痛風発作時にはまず炎症をおさえ、痛みを軽減する治療を行います。これには消炎鎮痛薬を使用します。痛みがおさまった後に、尿酸値を下げる薬をのみます。これには尿酸合成阻害薬と、尿酸排泄促進薬の2種類があります。
 さらに合併症を予防するためにも生活習慣改善が大切です。上記のリスクファクターを取り除きましょう。つまり、肥満を解消する。アルコール(特にビール)を控える。水分を十分にとる。軽い運動をする。ストレスを発散する。以上を実行しましょう。

 高尿酸血症は痛風発作が起こるまで5-10年位は無症状です。健康診断などで高尿酸血症を指摘された時は、自覚症状がなくても病状の正しい診断と生活習慣指導を含む治療を受けましょう。

一覧へ戻る