第27回 『インフルエンザの診療』

 従来インフルエンザの診断は臨床症状からなされていました。治療も消炎鎮痛剤や抗生物質の投与と、症状の緩和や合併症の予防が中心でした。しかし近年迅速診断キットの使用により正確に診断できるようになり、有効な抗ウイルス薬も使用されるようになったため、インフルエンザの診療は大きく変化しました。

症状

 典型的には突然高熱で発症し、全身倦怠感が強く、関節痛、筋肉痛を伴います。のどの痛み、頭痛、咳、鼻水がみられることもあります。

高齢者とインフルエンザ

 インフルエンザの死亡例の70-80%は高齢者といわれています。ほとんどの高齢者は様々な基礎疾患を合併しており、特に呼吸器疾患、心不全患者では肺炎を併発して重篤になることがあり、注意が必要です。
 また高齢者では特有の症状が軽度のことがあり、インフルエンザを疑うことが大切です。

小児とインフルエンザ

 冬期間は学校や幼稚園でインフルエンザが流行します。小児のインフルエンザは40度の高熱や痙攣など大人よりも症状が派手なのが特徴です。
 特にインフルエンザ脳症は死亡の原因となることがあり、早期の受診が必須です。痙攣の他に意識障害、嘔吐などの症状がある場合はすぐに小児科医の診察を受けましょう。

治療

 インフルエンザの治療薬抗ウイルス薬にはアマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬の2種類があります。アマンタジンはA型インフルエンザの治療薬として用いられます。ノイラミニダーゼ阻害薬はA型B型インフルエンザに有効です。増殖したウイルスが感染細胞から放出されるのを抑制します。
 これらの抗ウイルス薬は発症後48時間以内に用いられます。それ以降に投与された場合、インフルエンザの自然経過と同様で治療効果は期待できません。通常5日間投与されます。

インフルエンザとSARS(重症急性呼吸器症候群)

 SARSの原因ウイルスであるコロナウイルスもインフルエンザと同様に低温、低湿度の環境下で流行しやすいウイルスです。もしもSARSがインフルエンザの流行時期に再流行すれば、発症初期の症状は両者とも発熱、全身倦怠感などで症状のみから両者を鑑別することは困難です。
 鑑別点としてSARSでは、発症前に流行地域への渡航歴がある事、胸部X線で異常陰影がある事です。SARSの迅速診断キットも開発中ですが、まだ一般には実用化されていません。海外渡航歴があり、高熱などで発症した場合は、まず保健所に連絡して専門の医療機関を受診することが大切です。

 インフルエンザウイルスは新型のウイルスが出現して流行をくりかえしています。流行の時期に発熱などの症状が出現した時には、早期に受診して最適な治療を受けるようにしましょう。

一覧へ戻る