第1回 花粉症とOral allergy syndrome

Oral allergy syndrome

シラカバ花粉症の患者さんでは、リンゴを食べると口やのどがピリピリしたり、腫れるなどの症状が出現することがあります。これはリンゴがシラカバ花粉の主要抗原Bet v1と共通抗原を持つために、リンゴを食べた時にこの抗原が唾液に溶け、口やのどでアレルギー反応を起こすためです。これをOral allergy syndromeとよびます。
 Oral allergy syndromeはシラカバ花粉症によるものが最多ですが、それ以外ではカモガヤ、ヨモギなどの花粉でもこのような症状が出現することがあります。これに関係する果物ではシラカバ花粉症でみられるバラ科植物のほかキウイ、メロン、カキ、スイカ、トマト、バナナ、ミカン、パインなど数多くのものが知られています。
 症状は軽いことが多いですが、時には鼻炎、蕁麻疹、咽喉頭浮腫による呼吸困難、アナフィラキシーショックなどの全身症状を呈することもあります。
 このアレルギーは、上記以外にも果物、野菜、ナッツなど多くの食物でみられる事がわかってきて、最近ではPollen-food syndromeと呼ばれるようになりました。

シラカバ花粉症との関係

シラカバ特異的IgE抗体陽性の患者さん(シラカバアレルギーの方)で、約半分にこのような症状がみられたという調査があります。またシラカバアレルギーの方ではリンゴ、モモ、サクランボ等のバラ科植物の果物で高率に症状が出現します。

アレルギーはある季節にのみ症状が出現する場合もありますが、経年変化により症状が変化することがよくあります(自然によくなったりわるくなったりする)。アレルギー症状の出現のしかたは患者さんによって様々です。
 アレルギーは全身性疾患ですのでOral allergy syndromeのように一見関係がない症状のようで、実は因果関係のある場合もあります。一度正確な診断をうけてそれに対する予防法や治療法を理解しておくことが大切です。

一覧へ戻る