生活習慣病について

 高齢化に伴って、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が増えています。
最近はこれらの病気に腹部肥満を加えて、メタボリックシンドロームと呼ばれています。
これらの病態では動脈硬化が進行し、その結果心臓病脳卒中が発症してきます。
 当クリニックでは動脈硬化の程度を、フォルム(動脈硬化測定装置)や頚動脈エコーにより評価し、これらの病気を起こさないように、予防治療を行っています。
 そのために薬物治療にとどまらず、医師や看護師、管理栄養士が分担して、栄養指導、運動療法などの生活習慣指導を効率よく行っています。